シンプル?機能的?キッチンデザインにこだわってみよう!

キッチンにはどんなタイプがあるの?

日頃から料理をする方にとって、キッチンがどのようなデザインで作られているのかは、とても大切なポイントです。機能性を大切にするのか、シンプルなデザインを望むのかなど人によって好みは分かれるものの、毎日のように使用する場所です。だからこそ、自分自身にとってベストだと言えるものにしたいですよね。キッチンはそもそも、オープンや対面型、クローズドなどのタイプに分けられます。オープンタイプは、ダイニングとキッチンの間に仕切りが無いタイプです。カウンターなどの仕切りがある場合は、セミオープンとなります。また、シンクや調理台からリビングが直接見えるものが、対面型です。近年はこの対面型の新築物件も増えています。そしてキッチンが独立しているタイプが、クローズド型です。

目的に合わせて、キッチンをデザインする!

キッチンをデザインする時は、目的や料理をする時のシチュエーションを考える事が重要です。例えば集中して料理の腕を磨きたいのであれば、クローズド型が良いでしょう。一方、家族や友人を話しながら楽しく料理をしたいのであれば、対面型やオープンタイプがおすすめです。また、どんなキッチンをデザインする時でも、しっかり考慮しておきたいのが導線です。料理をする時の自分自身の動きを考え、手際よく進めていける配置を考えなければなりません。その他、収納部分の確保や、ゴミ捨てのスペースも大切なポイントです。さらに大きい冷蔵庫を置きたいのであれば、スペースの幅や高さも把握しておく必要があります。キッチンは目的や導線等を考えて、着実にデザインしておきましょう。

狭小住宅とは、狭くて小さい土地に建てられた住宅のことです。一般的に、15坪に満たない広さのところに建てられる住宅を指します。